親切に教えてくれる。

投稿者: | 2014年8月29日

昨日は見事なまでの金色の夕焼けだったが、きょうは一転、写真界で言う「眠い」夕方だった。
こういう日はどこに行っても写真を撮る人を見ない。

ある意味、きょうのような夕方の写真は世の中に数少ないということになる。
きょうのように雲が多い夕方は、気が付かないが上空の赤色成分が広範囲に拡散しあたり一面ピンク色に染まることがある。

よく夕景の名所に行くと、コンテストで名を馳せた名カメラマンがたむろしていることがある。
彼らはそれぞれ自慢話に花を咲かせている。
れんぞうがまだ夕焼けにならない頃からシャッターを切り始めると
「あんた、初心者だね、こんなもの写してもしょうがないんだよ」
と、丁寧にご指導を受けることがある。
結局彼らが思う夕焼けが出現しないと
「素人さん、きょうは写すものないよ」
とご親切に教えてくれる。

まあ、それはそれとして、きょうの夕方も面白い写真が撮れた。
れんぞうは、眠い風景も自分の眠気を抑えてこれからも撮影する。