アンドロゲン

投稿者: | 2017年6月1日

世間では水虫は足、こと足の裏にみられる病気だと捉えられていますが、原因菌である白癬菌が感染する場所は足だけということはなく、人の体ならどこにでも感染する可能性があるので気を付けましょう。
吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口からの出血に違いはありませんが、喀血は咽頭から肺に続いている気道(きどう、呼吸器のひとつ)から血が出ることで、吐血の方は無腸間膜小腸よりも上にある消化管から出血する病状を示しています。
男性の生殖器である前立腺は働きや成長にアンドロゲンが非常に深く関係していて、前立腺に現れたガンも同じように、雄性ホルモンの働きによって大きく成長します。
薬、酒に含まれるアルコール、色々な食品の添加物などの物質を分解し、無毒化する働きのことを解毒(げどく)と称し、多機能な肝臓の果たす大切な務めのひとつなのです。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂肪やコレステロールが付着した状態の脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、肝硬変や糖尿病を筆頭にありとあらゆる病の素因となるかもしれないのです。
グラスファイバーで作製されたギプスは、ダメージに強くて軽いのに耐久性があって、水に濡れてもふやけないという利点があるため、今のギプスの中でも主流となるまでに浸透しました。
悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、正常なら人の体をがんから保護する作用をする物質を生産するための型ともいえる遺伝子の不具合によってかかってしまう病気だと言われています。
陰金田虫(いんきんたむし)は20代〜30代の比較的若い男の人に患者が多く、ほぼ股間部だけに広がり、走ったり、お風呂に入った後など身体が熱くなると激しい掻痒感を招きます。
虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管の内側が狭まって、血液の流れが止まり、欠かせない酸素や栄養が心筋まで送られず、筋肉細胞そのものが壊滅状態になってしまう深刻な病気です。
いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学上では股部白癬と呼び、カビの一種である白癬菌が陰嚢、股部、お尻などの部位に何らかの理由で感染してしまい、寄生してしまった感染症のことで即ち水虫です。
めまいは起こらないのに、しつこい耳鳴りと低音域の難聴を何度も繰り返す症例の事を「蝸牛型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という病名で診断する事があるようです。
アミノ酸の一つグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を悪化させたり突然変異を誘引する人体に対する有害物質を体の中で無毒化し、肝臓の力を促すような動きが判明しているのです。
体脂肪の量(somatic fat volume)にはさして変化がなく、体重だけが飲食や排尿などによって短時間で増減する時、体重が増えたら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減少したら体脂肪率が上がるのです。
強い痛みを伴うヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨の間に存在する緩衝材のような役割を果たしている椎間板という名のやわらかい線維軟骨がはみ出た症状の事を指しているのです。
もしも婦人科の血液検査で恐れていた通り女性ホルモンの量が少なくて早発閉経(早期閉経)だと判明した場合、不十分な女性ホルモンを補填してあげる医術などで緩和が期待できます。